アフィンガー6

アフィンガー6の色コードはとっても便利です

ブログ記事を書いている時に色コードを使う時ってあると思います。

特に背景色で使う事が多いのではないでしょうか。

STINGERタグに登録しておくのも一つの手段ではありますが

もっと手軽に

アフィンガー6でボックス背景色を変えてみましょう。

通常であればカラーコードはとてもたくさんあり、同じ色が出せないほどに存在します。

HTML,CSS カラーコード一覧表

しかし

アフィンガー6では色コードが17色登録されているので
色コードを入力する必要がありません。

この登録されている色コードの使い方を説明します。

その前にAdvanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)というプラグインをインストールしてください。

アフィンガー6に登録されている色コードを使う

・例えばボックスに背景色を付けたい場合

クラシック版のタグからまるみを選びます。

・まるみを選んだ後には下図のようになります。

 このままだと、ボックスの背景はグレーになります。

 グレーを変えたい場合には、グレーの色コードの部分k

 bgcolor"#f3f3f3"の部分をマウスでなぞって変更する準備をします。

アフィンガー6では、このようにHTMLというプログラムコードを触る事になります。

慣れない方には少し違和感があるかもしれませんが、使っていくうちに慣れてきます。

ポイント

記事の編集中はプログラムコードしか現れませんが、プレビュー表示すると
ボックスになって出てくるので安心してください。

次に、冒頭で表した色コードをだします。

色コードの出し方は、クラシック版の段落から

タグ>ショートコード補助>HTMLカラーコード

今回は、青薄(#E1F5FE)を選ぶ事にします。

・青薄をクリックする事によって、bgcolor-" #E1F5FE "となり

ボックスの背景色が以下のような青薄に変わります。

 

アフィンガー6のタグ以外の色を使いたい場合は

HTML,CSS カラーコード一覧表 (別サイトへ移動) からお好きな色をどうぞ。

さらに表(テーブル)を作った場合、背景色はアフィンガー6内で自由に選ぶ事ができます。

 

アフィンガー6で表(テーブル)の作り方を解説します

アフィンガー6で、テーブルを作ってみましょう。 ブログを頑張っている人、これから頑張ろうとしている人、記事に表を入れるとSEOに良いと、どこかで見聞きしました。 そう言えば、検索上位のサイトって 表( ...

続きを見る

-アフィンガー6